1. 2019.11.07 アプリバージョンアップのお知らせ(新しい機能の追加) NEW
  2. 2019.10.28 iPadOS13 / iOS13動作確認完了のお知らせ NEW

カードリーダー端末ごとの取引情報の表示方法

本機能をご利用いただくためには、アプリのバージョンを6.6.0以上にアップデートしてください。

Airペイ ポイントアプリから、カードリーダー端末ごとに
取引件数や取引金額を確認することができます。

同店舗内で複数カードリーダーをご利用の際のレジ締めなどにご活用ください。

カードリーダー端末ごとの取引情報の表示方法

  1. ホーム画面の【取引履歴】にタッチします。
    IMG_0062.jpg
  2. 画面左側に取引の集計結果と取引履歴一覧が表示されます。
    絞り込み前は、本日の取引における集計結果と取引一覧が表示されます。
    ※本日以前の取引を表示する場合は、日付で絞り込みをしてください。(③を参照)

      ここでの「本日」はレジ締め時間に設定した時間から現在時刻までとなります。
    レジ締め時間の設定方法は、こちらのFAQをご確認ください。

    ____.png
  3. 【絞り込み】にタッチし、カードリーダー端末での絞り込みを行います。
    取引ID、日付、ポイント種別での同時絞り込みも可能です。

      カードリーダーのシリアル番号は【設定】→【カードリーダー状況確認】→【シリアル番号】で確認できます。

    ______.png

ホーム画面と取引履歴の集計結果の差分

ホーム画面にも付与ポイント数、利用ポイント数が表示されていますが、
以下の点で計算方法が異なり、差が発生することがございます。

  • 【取引履歴】の場合、取引取り消しをすると件数・金額ともに減算されます
  • 【取引履歴】の場合、通常ポイントと来店ポイントを同時付与した際に、2件の取引として分けて表示されます

複数カードリーダーをご利用時のレジ締めでのご活用例

複数カードリーダー端末をご利用の場合、本機能を用いて端末を選択した上で以下の
数字が成り立つかを確認することによって、レジ締めを行うことができます。

レジ締め時のキャッシュドロア内の現金が 120,000円 だった場合 

売上金額(105,000円)
+
営業開始時にキャッシュドロアに入っていた現金(20,000円)
-
ポイント利用金額:5,000円(本機能で表示できます)

となっていれば、キャッシュドロワ内の現金の金額が正しいと分かります。

ご不明点がございましたら、下記「問い合わせる」ボタンからお問い合わせください。